2021年12月02日

今年の反省点と次の構想

今年、ウールニューマイヤーが好調に発売中ですが
色のブレの問題があったり、縫製始末が未熟なところがあり返品になったり
端っこのポリエステルが目立って返品になったり反省と改良の余地がまだまだあることを思い知らされた今現在。


返品やクレームは宝物のように新しい気づきをくれるので、
貴重なご意見を一つ一つ大事にしていきたいなと思ってます。


で、返品理由がほとんどが「期待していたのに縫製が汚かった」というところがほとんどで
その部分に関しては工場のほうにもフィードバックして以後更に注意していく予定です。


返品の処理ですが、数が少なかったら撮影用のサンプルや店頭用のサンプルへ使用していたのですが
そのサンプルも結構だぶついてきて、未使用だけど、一度洗ってリユース商材として再度販売する方法や有効活用できないか考え始めました。


だけど、洗うとしても。


正直気持ちよく洗う方法が見つかっておらず。
いつも洗濯やお手入れについて問合せをいただきますが、すっきりした回答を私ができるようになっていません。


毛布が家庭で洗えるとはいえ、洗濯機の種類も様々、乾燥の仕方も様々。やってみないとわからないけど、やってみて失敗するリスクも大きい。失敗すると風合いが戻らない。
家によっては大きく広げて干すスペースを確保するのも一苦労。
また、ベランダに干したとして、その柵は綺麗なのか?雨晒しのホコリで余計に汚れないか不安も残ります。


みなさん、家庭での毛布の洗い方について正解がないところで苦労されてると思います。


そこで、お布団専門のクリーニング工場を探して、この度、見学行くことが叶いました!
どんな洗い方をしているのか、どんな洗い方が適しているのかを詳しくお聞きすることができました!(すごい進歩)

お布団(綿・ポリエステル綿・羊毛・羽毛などなど)も毛布(アクリル・綿・ウール)も水で丸洗いしていました!
家庭用と大きく違ったのは、一切動かさずに洗うこと。
家庭用の洗濯機は空間があるのが当たり前。少ない水量で水流で汚れを洗うことに対し、
工場ではコンパクトに折り畳み、洗濯機の中にぎゅうぎゅうに詰めて固定、浸透させながら大量の水で洗います。

繊維はゴシゴシ洗えば傷んでいきます。
家庭用洗濯機はどうしても暴れてしまうため、どんどん痛みが進行していきます。

家庭で洗うとしたらつけ置き洗いが一番最強で長時間洗剤に浸しておきます。
柔軟剤は粒子の細かいタイプのものを使用。なるべくたっぷりめの水で濯ぐ。
脱水もなるべく繊維が擦れないよう折りたたんだ状態にすること。(最初に洗濯ネットに畳んで入れて洗うのが基本です)
そしてしずかに広げて天日干し。自然乾燥が一番良いらしい。
お布団などコインランドリーを使う場合は、一度自然乾燥で8割ほど乾燥させてから短時間仕上げに持っていくことがおすすめだそうです!(目から鱗!)

もしかしたら、天然素材毛布のための粒子の細かい柔軟剤もわけてもらって販売できるようになるかも。
(これは嬉しい)

毛布を家庭で洗えるとはいえ、限界があるんだなと巨大な洗濯機や乾燥機、設備を見てしみじみ思いました。
あと、洗えないのか聞かれていたフロアビーズクッションも工場で洗えるようになりそうです!(朗報)
敷布団もマットも洗ってました(すごい)
クリーニング工場楽しすぎてたまりませんでした。(興奮しすぎて写真撮り忘れた)

生産することも大事なのですが、現在ある商品をどういうふうにケアしていくのかというところにも
注目したいというか、暮らしの中で頻繁じゃないけど、一回は気持ちよく洗えるサービスも欲しいなと考えて
今いろいろ模索中です。

品質も追求することと同時に使っていく上での品質を保持する仕方も追求していかないと
本当の意味での品質って上がらないなと気がつきました。なるべく多くの人に天然素材の毛布を使ってもらいたいし。

お客様からの意見がポロポロ入り出して、今、いろいろ見直すブランドの分岐点にいるんだと感じてます。
そして、商品開発するよりもだいぶ楽しい自分がいることも発見です。

どうなるかお楽しみ。
posted by PANDA works at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189175334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック