2020年05月17日

SPSベッドカバー

20200502_041.jpg

デザインは2017年にしたもので、自分で絞り染めで生地を染めて
それをスクリーンプリント用にアレンジしました。
今思えばFlood of Lightの親的な存在です。

色は爽やかな ブルー と グレー の2色展開。

20200502_065.jpg

20200502_047.jpg

ボックスシーツ、ピローケースもあります。

20200502_055.jpg

Flood of Lightの綿毛布とも相性が良いです。

通常は裏面の生地は無地であったりするのですが、こちらは同じプリント生地を使いました。
生産の都合の理由もありますが、裏表同じ生地っていうのは感覚的にとても贅沢な気分です。

20200502_053.jpg

プリントは和歌山染工。こちらも泉大津に負けず劣らず高い染色技術があります。
単色の絞り染は通常何版も使ってグラデーションを表現するものなのですが、
こちらはデザイン段階で1版で表現できるように細かく分解をしました。

20200502_070.jpg

大学では染色を専攻していて、その時藍染を学びました。
その頃を思い出し、生地をたたんで絞って、藍の代わりに墨汁にドボン。
墨汁のほうがスキャンして取り込むには都合が良いのです。(最終的に白黒の版になるので)
取り込んだ元のデータがこちら。

SPS.jpg

これを元に左右上下、送りをつけていきます。

そして配色。
mas2.jpg

グレーとブルー以外にもオレンジ、ベージュがありました。

マスと呼ばれるテストプリントで実際に生地にプリントしたものを見て検証。

今見てもオレンジ、ベージュも捨てがたい!!
posted by PANDA works at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM

2020年04月16日

FOLピローケース

画像 1.png


お客様のリクエストから生まれたピローケース。

綿毛布のふわふわを顔で味わうなら、確かにピローケースが一番。

そして、生産の都合上どうしても出てくるB品を有効利用することができました。



毛布工場は本来、毛布の縫製加工しか対応していないのですが、チャレンジ精神旺盛な毛布縫製工場さんのおかげでピローケースを作ることができました。


繊細な起毛加工のため、初めのうちは毛羽が気になる方もいらっしゃるかもしれません。コロコロや日干しでバサバサと軽く払ってお使いください。

やりすぎるとボリュームがなくなってしまいますのでご注意を。



画像 4.png

DSC_0188.jpg


ピローケースは後ろの合わせ方式。

横から入れて、合わせ部分の中に枕を押し込んでください。

ファスナーやボタンの付属がないので、顔に当たる心配はありません。

63x43cmの通常枕サイズに適応しています。

裏にはオリジナルタグ。お名前と使用開始日を記載できます。

油性マジックをお使いください。



グループ 33.png グループ 7.png



※ 生地の都合上、縫製によって柄の出方が異なります。

※ 柄の選択は出来かねます。



グループ 31.png


グループ 31.png

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【注意点、お取り扱いについて】

・お洗濯は手洗いでお手入れできます。洗濯機を使用する場合は洗濯ネットに入れ、 手洗いモードや弱洗いモードでご使用ください。

・タンブラーは使用しないでください。

・使用中および洗濯中に毛羽が抜けることもありますが、機能的には問題ありません。

・綿毛布は細かい毛羽が製品に残っており、はじめのうちは濃い色の服に細かい毛羽が付着することがあります。市販の固定式くず取りネットをご使用ください。

・洗濯後表面の風合いが変化することもありますが、肌触りや温かさはあまり変わりません。(それが「わが家の毛布」の個性にもなっていきます。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
続きを読む
posted by PANDA works at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM

2019年06月19日

wool blanket

20190507_233.jpg

ルームアンドスプールのウールブランケットのご紹介です。

泉大津は毛布の街で、多種多様な毛布が生まれ、進化してきました。

CLOSE YOUR EYES wool blanket

こちらのウールブランケットはベッドの足元側に掛けてスタイリングするように考えました。

20190507_266.jpg

ウールって冬のイメージがありますが、夏にも適した素材であることを最近になって知りました。
というか、毛布を作り始めて初めて知ったことのほうが多いです。
ずっと繊維関係でやってきた割知らないこと多くて恥ずかしいのですが、開き直ってます。

先日毛布工場で原毛を見せていただきました。

Pasted Graphic.jpg

羊の種類によってもマチマチだと思いますが、原毛ってこんな形してるんだーということがよくわかりました。
この原毛を加工して製品になっていきます。

特徴的な形、クリンプは気温差の激しいところで生息していた羊の進化の結晶。
羊はこの毛の形状のおかげで厳しい冬の寒さからは保温性を保ち、暑い時期には吸湿性と放湿性を発揮して蒸れにくい体調管理をしてきたそうです。

そんな吸湿性と放湿性の副産物として、消臭効果があげられます。
スチーマーで一緒に匂いを飛ばしてくれます。

20190507_652.jpg


そんなウール100%で作ったClose your eyes wool blanket

泉大津の中でも歴史ある日の出毛織さんに作っていただきました。
ジャガードで生地の深みと高級感は何とも言えません。
織られる前に油抜きや精錬など糸自体に手間暇がかかっている分クオリティも良いので
海外製のものに比べて匂いもありません。(この辺の基準が日本クオリティだと思います)


20190507_277.jpg

そして

20190507_574.jpg
20190507_590.jpg

すごく軽いです。ふわふわで、ウールの中でもチクチクしないです。

20190507_203.jpg

ラグ代わりにもお使いいただけます。

ピリッと効かせた発色のいいイエローがアクセントになってます。


20190507_277.jpg
posted by PANDA works at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM