2020年07月23日

配送一時休止のお知らせ

7月22日 西淀川区にある委託倉庫が燃えるというショッキングなことがありました。
LOOM&SPOOLの商品のほとんど、箱や展示会の什器などもそこに置いています。

必死に荷物を守ろうとした担当者が一人、煙を吸い込んで喉に火傷をおったそうです。

従業員他みんなは無事で本当に何より。。けど、
倉庫仕事に誇りをもって働いてきた彼らの気持ちを考えると本当に胸が張り裂けそうです。

私がブランドを立ち上げる時、
ネットで調べて電話して押しかけて、こんな事業を今考えていて、こんなことがしたいと
何の後ろ盾も何の情報もない怪しい私の話を真剣に聞いて、快く手伝うと言ってくれました。
クラウドファンディング立ち上げ成功したとき、一緒に成功を喜んでくれ、物流の面で本当に支えてくれました。


ブランドを立ち上げて1年半。
在庫が燃えてしまうという
倉庫が燃えてしまうという
まさか自分にこんなことが起こるとは想像もせず。


とりあえず、一番にMONOCOさんの発注を急いで止めて、自社サイトも急いで止めて、
関係各所に連絡をして、そしてみなさん本当に心優しく、内容が内容だけに本当にやさしい言葉をたくさんいただきました。
まだ連絡しきれてないところもありますが、気持ちの整頓と今後の動きも一緒に伝えていこうと思います。


現在、オンラインで在庫があるのは
スタイルストアさん https://stylestore.jp
光文社さん https://kokode.jp/products/list.php?category_id=4007475
TOIROさん https://www.kagunosato.com/c/bedding/bedding_0044/s6-0001
AREKOREさん  https://arekore-market.com/?pid=143405240

店頭に在庫があるのは
WELLSPRINGさん、
a.depeche 神戸店さん(ブランケットのみ)


火災の詳細はニュースサイトで。ショックな映像です。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200722/2000032672.html
posted by PANDA works at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月03日

SPS シリーズ

SCREEN PRINT SHIBORI
posted by PANDA works at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM

2020年05月21日

RCGシリーズ

RCG_TOP.png

開発当初、このクタクタのふにゃふにゃの綿のゆる〜〜〜い繊細なこの生地はなんだ!?という衝撃を受けました。

綿糸を紡績したり、綿の生地を織ったり、加工している間に細かい毛羽は工場の中をふわふわ浮遊しています。
そのワタボコリは雪のように織機や機械の上に降り積もっていきます。
工場の中では常に巨大な吸引器でワタボコリを吸い取っています。

そのワタボコリを集めてもう一度紡績して天竺ニットにしたものがこの
リサイクルコットン(100%)シリーズ。
細かい繊維から作られるので通常の綿よりとても繊細。
20200505_0804.jpg

綿の油がいい感じに抜けているので新品でも水分を吸収しまくってくれます。
ゆるゆるとガーゼ天竺で編まれているので軽くて柔らかい肌触り。

生地の特性上、ゆるやかに斜行していますが、キャラクターに似合ってこれまたゆるすぎていい感じなんです。

20200505_0596.jpg
20200505_0553.jpg
20200505_0871.jpg

一番のオススメはレギンス。
夏場、暑いイメージですが、逆に私はこれを手放せませんでした。
というのも汗を気持ちよく吸ってくれるから。

20200505_0889.jpg

RCG_PKG.png

パッケージも特徴的で旅行などにもぴったりのラミジップ袋に入っています。
軽量でそしてコンパクトなウェア。

RCG_COL.png

色は3色。

RCG-landry.png



RCGシリーズはこちらから。



SIKAK
(2011〜現在)
商品企画・デザインディレクションを担当
「ゆるく。ゆったり。ながく、楽しみながら。」
そんなライフスタイルを送るための雑貨ブランド。
環境にやさしい自然素材を中心に、リビング周りのクッション、キッチン周りの布小物、リサイクルコットンのルームウェア等を展開。
posted by PANDA works at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月17日

SPSベッドカバー

20200502_041.jpg

デザインは2017年にしたもので、自分で絞り染めで生地を染めて
それをスクリーンプリント用にアレンジしました。
今思えばFlood of Lightの親的な存在です。

色は爽やかな ブルー と グレー の2色展開。

20200502_065.jpg

20200502_047.jpg

ボックスシーツ、ピローケースもあります。

20200502_055.jpg

Flood of Lightの綿毛布とも相性が良いです。

通常は裏面の生地は無地であったりするのですが、こちらは同じプリント生地を使いました。
生産の都合の理由もありますが、裏表同じ生地っていうのは感覚的にとても贅沢な気分です。

20200502_053.jpg

プリントは和歌山染工。こちらも泉大津に負けず劣らず高い染色技術があります。
単色の絞り染は通常何版も使ってグラデーションを表現するものなのですが、
こちらはデザイン段階で1版で表現できるように細かく分解をしました。

20200502_070.jpg

大学では染色を専攻していて、その時藍染を学びました。
その頃を思い出し、生地をたたんで絞って、藍の代わりに墨汁にドボン。
墨汁のほうがスキャンして取り込むには都合が良いのです。(最終的に白黒の版になるので)
取り込んだ元のデータがこちら。

SPS.jpg

これを元に左右上下、送りをつけていきます。

そして配色。
mas2.jpg

グレーとブルー以外にもオレンジ、ベージュがありました。

マスと呼ばれるテストプリントで実際に生地にプリントしたものを見て検証。

今見てもオレンジ、ベージュも捨てがたい!!
posted by PANDA works at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM

2020年05月08日

光文社 < kokode.jp > さんでお取り扱い始まりました。

kokode shop

https://kokode.jp/products/list.php?category_id=4007475


雑誌で有名な光文社さんのオンラインセレクトショップでのお取り扱いはスタートしました。

早速シングルの毛布とピローケースが売り切れです!
来週早々に入荷予定です。

そして、
最近多い問い合わせがこちらの衣装。。

kokode shop

kokode shop

チェコ軍の1975年のデットストックです。
コットン毛布も是非〜笑
posted by PANDA works at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | STOKIST