2019年07月17日

クラウドファンディング 第二弾!!ふわふわ綿毛布とモチモチビーズクッションのコラボ!

LPT6.png

いよいよ、明日 7月18日(木曜) 12:00~ お昼スタートです!!

ふわふわ触感の綿毛布と建材から生まれたマシュマロ感覚のもっちりクッション

LOOM&SPOOLの綿毛布で作った新しい素材のビーズクッション、チェアパッドです。
インテリアとしてのデザインを損なわず、機能的である事を目指しました。

現状は404のエラー表示ですが、公開後に見れるようになります。
https://www.makuake.com/project/panda2/


LPT1s2.png
posted by PANDA works at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO

2019年06月30日

houzzを始めました。

一昨年、家を建てる時に参考にしたhouzzでまさか自分のブランドページを作るなんてことはまったく想定してませんでした。pinterestみたいにアイデアをサクサク集めたり、専門家へ気軽に聞いたりできるプラットホームです。
リフォームやリノベーション、注文住宅をご検討の方には使いやすい情報サイトです。インテリアから建築までまるっと見れます。

posted by PANDA works at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO

2019年06月29日

もうすぐクラウドファンディング プロジェクト第2弾が始まります。

昨年12月、ルームアンドスプールの展示会をした時に龍野コルク工業さんにご協力を請い、ビーズクッションを作ってもらいました。
そこから半年が過ぎてしまいましたが、ようやくここまで来ました。

LPT1s2.png

*
ふわふわ触感の綿毛布と建材から生まれたマシュマロ感覚のもっちりクッション
*
LOOM&SPOOLの綿毛布で作った新しい素材のビーズクッション、チェアパッドです。
インテリアとしてのデザインを損なわず、機能的である事を目指しました。
*
7月18日(木曜) 12:00~公開予定
*
現状は404のエラー表示ですが、公開後に見れるようになります。
https://www.makuake.com/project/panda2/

LPT4.png

綿毛布の端材がきっかけで生まれた商品ですが、中身は最先端な品質なものがつまっている非常にお買い得な商品となってます。

龍野コルク工業さんはその名の通り、コルクメーカーでした。
時代とともにコルクは発泡スチロールにとって代わり、発泡スチロールは断熱性や軽量さなどの特徴で現代の暮らしの中では必要不可欠な素材となりました。

今回綿毛布ビーズクッションの中に入っているのは龍野コルクさんの中でも自信作のマシュマロビーズ。
チェアパッドには薄さと丈夫さを両立した新しい素材の低反発ポリエチレンシートが入ってます。

LPT6.png

日々の暮らしを保証する建材だからこそ、品質も厳しくなった龍野コルクさんの発砲ビーズ。
触感もさることながら、品質の安定性にも定評があります。
そんなビーズクッションとふわふわの泉大津の綿毛布が一緒になったら最高なものが出来上がりました。

LPT3.png

しかし、綿毛布のハギレを使っての今回のプロジェクト。
大変申し訳ありませんが色柄が選ぶことができません。
今後は安定して生産ができるよう商品化へ進めていければなと思っています。
どうぞチャレンジのご支援、応援よろしくお願いいたします。

LPT4.png
LPT5.png
posted by PANDA works at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO

2019年06月19日

wool blanket

20190507_233.jpg

ルームアンドスプールのウールブランケットのご紹介です。

泉大津は毛布の街で、多種多様な毛布が生まれ、進化してきました。

CLOSE YOUR EYES wool blanket

こちらのウールブランケットはベッドの足元側に掛けてスタイリングするように考えました。

20190507_266.jpg

ウールって冬のイメージがありますが、夏にも適した素材であることを最近になって知りました。
というか、毛布を作り始めて初めて知ったことのほうが多いです。
ずっと繊維関係でやってきた割知らないこと多くて恥ずかしいのですが、開き直ってます。

先日毛布工場で原毛を見せていただきました。

Pasted Graphic.jpg

羊の種類によってもマチマチだと思いますが、原毛ってこんな形してるんだーということがよくわかりました。
この原毛を加工して製品になっていきます。

特徴的な形、クリンプは気温差の激しいところで生息していた羊の進化の結晶。
羊はこの毛の形状のおかげで厳しい冬の寒さからは保温性を保ち、暑い時期には吸湿性と放湿性を発揮して蒸れにくい体調管理をしてきたそうです。

そんな吸湿性と放湿性の副産物として、消臭効果があげられます。
スチーマーで一緒に匂いを飛ばしてくれます。

20190507_652.jpg


そんなウール100%で作ったClose your eyes wool blanket

泉大津の中でも歴史ある日の出毛織さんに作っていただきました。
ジャガードで生地の深みと高級感は何とも言えません。
織られる前に油抜きや精錬など糸自体に手間暇がかかっている分クオリティも良いので
海外製のものに比べて匂いもありません。(この辺の基準が日本クオリティだと思います)


20190507_277.jpg

そして

20190507_574.jpg
20190507_590.jpg

すごく軽いです。ふわふわで、ウールの中でもチクチクしないです。

20190507_203.jpg

ラグ代わりにもお使いいただけます。

ピリッと効かせた発色のいいイエローがアクセントになってます。


20190507_277.jpg
posted by PANDA works at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM

2019年05月25日

暑くなりはじめにこそ綿毛布!

20190110_022.jpg

最近は春と秋が本当にあっという間に過ぎていますよね。
地球環境のせいもあるのでしょうが、1年があっという間に感じるので余計に短く感じます。

そして、この気温の変化が大変な時期。お布団選びに悩まれる方も多いと思います。
本当にオススメしたいのが綿毛布。

20190507_312.jpg

先週あたりにうちでは掛け布団は仕舞い、綿毛布だけ残して過ごしています。

プラス、敷きシーツがわりにも綿毛布を使っています。
綿毛布の間に寝てる感じです!
洗濯の回数も増えるので、起毛の傷みは掛けにくらべると進行は早いのですが、やっぱり、肌触りが落ち着くのがコットン。
洗ったらなおのこと。気持ちよいのは変わりません。
ということでやめられません。毛布を長持ちさせたい方にはオススメしちゃダメだけど、本当に極上の贅沢な上下全部ふかふかふわふわです。

20190110_431.jpg

繊細な起毛加工は洗濯の度に劣化していきますが、綿の風合い、品質自体は変わりません。
ただ、ミンクのようなふわふわ品質を長持ちさせたい方は、起毛を傷めないよう
やさしく柔軟剤を使って洗うことをオススメします。

綿毛布のご準備はこちらからどうぞ
FOL.jpg
posted by PANDA works at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ITEM